宝塚歌劇な日々

美しさだけを見ていたい

贔屓(推し)について

私のご贔屓はこの度ほやほやの雪組生、朝美絢さんです

f:id:dolceprincess:20170613170434j:image

 朝美さんを見つけたのはtwitterの入出写真です。あれも宝塚の独特の文化ですよね。

タカラジェンヌの素の姿を見るのが好きでした。それまでは男役にはそれほど興味がなく、娘役さんさんのほっそいスタイルや凝った髪型をよく見ていました。始めは稽古だけにあの髪を作るの⁈と驚きました

 

ある日、たぶんスカピン観劇した後ぐらいなんですが朝美さんの入り写真を見て、こんなに顔が綺麗な男役いるの⁈⁈と衝撃が走る。

顔のパーツに配置、どれをとっても最高

縦にも横にも大きい目に涙袋、スッと通って鼻先がツンとした鼻。それからあの発光したような美肌。

 

特に固定の贔屓がいたわけでも生徒について詳しかったわけでもなく、ただ宝塚の世界観が好きで観劇していましたが、朝美さんに出会ってからはもうそれは沼の始まりです。

 

わりと昔から何に熱中しやすいタイプでしたのでそんな自分に特に驚きはありませんでした

自分の中で、あっ次は宝塚が来たか、というかんじ。

 

そこからは動画でひたすら朝美さんの過去作品や出演番組を漁る日々。

"A-EN" と書いて"エイエン"と読むバウ公演は衝撃でした

まず作風が宝塚らしくない!良い意味で

宝塚って高貴な紳士と淑女がメインのイメージ。

でもA-ENは現代の邦画でありがちな胸キュンラブストーリー@ハイスクール

たぶん映画化したらキャストは福士蒼汰広瀬すず

相手役の小雪ちゃんとの身長差もまたこれよかったし、ヴァイオラにジャケットをかけてあげるシーン

アーサー先輩のジャケットサイズのなんとも言えないダボっと感!!

あれはあーさファンが見たいものを具現化した作品だったしあーさ自身も気に入ってるようだけど、最近はあぁいうキラキラアイドル系よりも宝塚らしい男役像を目標としているそう。

だけど我らがたま様はそれを分かってるよ、でもファンの皆様はキラキラあーさも求めてるんだよ、って諭してた

たま様ほんとに一期上かよ⁈

この上ないファインプレーだった(Rising star guide 2017より)

 

あとPUCK新公は本当にフェアリーだった

私的には本公演のまさおよりもハマってた役だったと思う

まさおってどうしても元の性格のガツガツした感じとかたまにドスのきいた声出すところとかがあるからなのかな

あーさはあれが初主演だったし無垢純粋なPUCKをやるのに時期と共に最適だったと思う。

 

まだまだ朝美さんについては書くことができるのですがめちゃくちゃ長くなりそうなので今回はこの辺で。

次回、パート2朝美さんの新公卒業〜組み替え

あたりについて書きたいと思います。